ミドリムシが持つ全14種類のビタミンを公開

ビタミンが多く摂れる食材

ミドリムシは14種類のビタミンが含まれています。特にビタミンA、ビタミンC,ビタミンB群を多く含んでいます。各食品の100g中に含まれるビタミン群より、さらに多くのビタミン群を保有していると言われるモロヘイヤやケール、大麦若葉と比較してもミドリムシはビタミン群の高い含有量を持っていることがわかっています。

ミドリムシのビタミンは作られたビタミンと違い、天然由来のビタミン群ですから、体内でより効率的に働いてくれるようです。

ミドリムシが含むビタミン機能

ビタミンA 皮膚や粘膜を健康に保つ作用がある。視覚や目の健康を守る重要な役割もある。
ビタミンB1 糖質を分解してくれてエネルギーを生産してくれる。脳や神経を安定的にしてくれる作用もある。
ビタミンB2 脂肪、タンパク質、糖質がエネルギーに変わるのを助ける。細胞の再生や新生を促進。
ビタミンB6 酵素の補助として働き、タンパク質の合成・分解。代謝機能に必要なビタミンです。
ビタミンB12 神経細胞内のタンパク質や核酸の合成を促して、神経系の機能を維持する。アルツハイマーや動脈硬化の予防効果も期待できる。
ビタミンC コラーゲンの生成や紫外線の吸収を防ぐ。強い抗酸化作用もあり、感染症などに対して抵抗力を高める作用もある。
ビタミンD カルシウムの吸収を促す。骨の発育を促進してくれます。血液中のカルシウムを一定に保つ調整機能もある。
ビタミンE 過酸化脂肪の生成を防ぎ、細胞を守ってくれる。抹消血管を拡張させて、血行を良くしてくれる。
ビタミンK 出血した血液を固める作用も担ってくれる。カルシウムの骨への沈着を助ける。
葉酸 胎児の発育や造血に不可欠なビタミン。赤血球が作るためにも必要な成分。
ナイアシン 炭水化物、脂質、タンパク質、などが代謝される働く補酵素。アルコールの代謝にも効果あり。
パントテン酸 ビタミンB群の一種です。代謝全体に関わる補酵素。エネルギー産生やホルモン合成に必要とされている。
ビオチン エネルギー代謝に関わり、皮膚を健康に保ってくれる。アトピー性皮膚炎の改善に期待できる効果がある。

ミドリムシの摂取でこれだけ多くのビタミン群が一度に摂れます。食品から摂取しようとすればお金も食べる量も増えてしまいます。好き嫌いがあって必要なビタミンを摂ることが大変な人でもサプリメントなら飲むだけでOKです♪

ビタミン不足が招くトラブル

ビタミン欠乏症は健康面、美容面でも大きな影響を与えてきます。もし下記のような症状がある場合はビタミン不足の可能性もあるので多くのビタミン群を毎日しっかりと摂るようにしましょう。

ビタミン不足の特徴
  • 疲れやすい、疲れが取れない
  • 毎日がだるい
  • 動悸がする
  • めまいが起こる
  • 肌が荒れる

このような症状はビタミン欠乏症の方の特徴でもあります。毎日の食事はインスタント食品、ファストフード、外食、コンビニ弁当が多い方は注意をしてください。

お肌の面ではニキビができやすくなったり、シミやソバカスもできます。ビタミン不足は肌の乾燥も招く原因。バランスの取れた食事ができない場合は手軽な健康食品、サプリメントを活用して補うことが大切です。

健康面では動悸、息切れ、しびれ、だるだ、疲労感、浮腫みなどが挙げられます。口内炎や皮膚のただれなどもビタミン不足から招く人もいます。

酷い場合は夜盲症、貧血、腸炎出血、壊血病など招く恐れもあります。

ビタミン不足だとわかる不調子は早急に十分なビタミンを摂取していき安定した食生活をおくる努力をしましょう。

ページの先頭へ