ビタミン群、アミノ酸、ミネラルと美肌にしてくれる成分がいっぱいのミドリムシ

肌を気にする女性

そこらの美容サプリとはレベルの違うミドリムシ配合サプリメント。だって59種類の栄養素を含んでいます。

ニキビができた…肌荒れが酷い…なんて時は美肌に必要な栄養が取れていない証拠。

女性の肌をいつもまでも若々しくハリ艶のある肌を維持してくれる栄養がミドリムシにはいいっぱい含まれています。そんな美肌をサポートするミドリムシですが何が肌にいいんだ?ってことでミドリムシの美容効果を紐解いていきましょう。

14種類のビタミン群

14種類を含んでいますが、多いのはビタミンA、ビタミンC、ビタミンB群となります。含まれるビタミンは人工的に作られたものではなく天然ビタミンとなるので人工よりも体内で活発に働いてくれます。

ビタミンA

ビタミンAは紫外線、活性酸素による肌へのイタズラを防ぐビタミンとして皮膚のコンディションを保つためにも毎日摂取することが不可欠の美容成分です。不足してくるとシワ、キメの乱れ、くすみ肌、シミなどができやすいと言われています。

ビタミンC

ビタミンAが肌に影響を与える悪者から皮膚を守るのが役目ならビタミンCは攻めのビタミンになります。シワ、ニキビ、キメを整えるといったアプローチをして肌のハリ艶を作る角層を活発にします。紫外線によりメラニン色素が沈着してしまうのも抑える役割があります。

ビタミンB群

ビタミンB群はお肌もそうですが、主に体の健康に大きく関わる栄養成分です。よく言われるのがビタミンB群が不足すると貧血が起こりやすくなる。代謝に異常が出て、手足が冷えてしまう。病気では神経症やうつ病になりやすくなる。といったように私たちの生活に大きく関わる成分です。必ず毎日摂取したい成分です。

美肌を作る3つのアミノ酸が配合されている

アミノ酸は髪と作る、皮膚を作る、体の燃焼を助けるなど「美」に欠かせない存在。アミノ酸の血中濃度が不足すると血色が悪くなり、肌ツヤも失われていきます。

アミノ酸不足は水分の蒸発を急がせてしまい乾燥肌に近づく原因とも指摘されています。

そんなアミノ酸でも肌に良いとされているのは3つ。(下記リスト参照)非必須アミノ酸ですが、ミドリムシには全て含まれています。健康、美容、ダイエットなど本当にオールマイティに活躍してくれるのがミドリムシです。

  • アスパラギン
  • セリン
  • プロリン

肌の潤いやコラーゲン生成にかかわるアミノ酸として上記の3つの摂取が良いとされています。どういった働きをして肌に貢献してくれるのか見ていきましょう。

アスパラギン

角質層の巡りに働きかけると言われています。角質に蓄えられた水分を保ち、肌の乾燥も防いでくれます。

セリン

私たち肌の保湿力を上げてくれるアミノ酸です。角質層にも存在しているとされ、潤いを維持して肌のハリ艶を保ちます。またメラニンの働きを抑制して肌の美白にもアプローチする優れたアミノ酸です。

プロリン

コラーゲン合成にアプローチするアミノ酸の一つ。ビタミンC誘導体のように紫外線などによりダメージを受けたコラーゲンの修復を行ってくれます。肌をプルプルに保ちたいなら必須のアミノ酸。

アミノ酸は食事からも摂取できますが、美肌に良い上記3つのアミノ酸はアレルギー体質の方も多い、小麦や大豆など多く摂取できるようになっているのでアレルギー体質の方はミドリムシから摂取した方が安全ですよね♪

肌の代謝活動に影響を与えるミネラル成分

ミネラルは体内で生成されずに外部から摂り入れる必要のある成分ばかり。体の健康にも影響を与えるとされており、現代人はミネラル不足が指摘されていますよね。

そんなミネラル成分はミドリムシなら9種類を含んでおり肌だけでなく健康に関しても私達の体を助けてくれます。

今回は美肌がテーマなのでミドリムシの中でも肌に影響を与えるミネラル成分を紹介したいと思います。

亜鉛

新陳代謝に欠かせないミネラル成分です。
亜鉛不足は皮膚炎の原因と言う人もいます。頭髪の成長にも亜鉛は良いと言われていますよね。美肌に美髪、一石二鳥の働きをする亜鉛もミドリムシなら簡単に摂取できます。

マグネシウム

マグネシウムも亜鉛と同じく肌の新陳代謝に影響を与えるとされています。肌の乾燥を防いだり、過剰皮脂のも防いでくれる働きがあるとされています。ニキビ、肌荒れが酷い場合、ビタミンをとっても治らなければミネラルを取れ!と昔言われましたが、それだけ美肌にも健康にも欠かせんません。

食生活が偏りがちになった現代ではミネラル不足があらゆる病気、体の調子に影響を与えると指摘されていますよね。ミドリムシなら必要なミネラル9種を含んでおり、不規則な生活の打開策にもなります。

専門家が語るミドリムシの豆知識

みどりむし博士の豆知識

ミドリムシの成分は美容にも効果があると言われています。ミドリムシを加水分解しその成分を抽出、配合した化粧品なども販売されています。

人の皮膚の細胞にミドリムシのエキスを加えると濃度に比例し細胞の増殖が促されるという実験結果が出ています。さらに紫外線を人の皮膚細胞に当てる実験ではミドリムシエキスを加えられれた細胞は傷つきにくいことも実証されています。

頭髪も元気になる!

傷んだ髪の毛にもミドリムシは効果があります。髪の毛は水を弾く特出がありますがダメージを受けると髪の毛の内部に水が入り込み成分が溶け出てさらにダメージが進行します。

疎水性のアミノ酸を積極的に摂取することで補修できるそうですがミドリムシには多く含まれています。天然の成分ですので敏感な方もお試し頂けます。

みどりむし博士の豆知識

ミドリムシとは藻の一種でクロレラなどと同じ微生物です。ミドリムシが他の微生物と違うのは植物性であると共に動物性でもある微生物ということです。栄養素も動物性・植物性療法の微生物の特徴を持ち合わせています。

ミドリムシには葉緑素が含まれ光合成を行います。空気中の二酸化炭素、根から吸収した水、光を利用しエネルギー、酸素を産生します。ミドリムシを初め植物が産生するエネルギーや酸素を動物は消費して生きています。私達にとって生きる上でも欠かせない存在です。

ミドリムシには人が必要とする59種類の栄養素を含んでいます。普通植物の細胞には細胞壁があり、消化・吸収するのを妨げてしまうことがあります。

ミドリムシには細胞壁がなく細胞膜が細胞を守っています。

細胞膜は細胞壁に比べ消化しやすいのでミドリムシは他の微生物や植物よりも栄養素を吸収しやすいのです。吸収率は93.1パーセントもあると言われています。

ページの先頭へ