健康面にアプローチする不飽和脂肪酸をもつミドリムシ

健康に気を使う女性

ミドリムシの特徴は植物と動物の両方が持つ栄養素を持っていることが大きな特徴として挙げられます。ビタミンA、B、C、Eなどのビタミン群はモロヘイヤやケールなどよりも含有量が多く、必須アミノ酸もすべて含むクロレアもはるかに超えているのです。

さらに話題の「DHA・EPA」といった、n-3系多価不飽和脂肪酸を含んでいます。

この2つの成分は主に魚の油に多く含まれているようで、動物性の脂とは違う役割があり、血中のコレステロールを下げる働きがあります。日本人は飽和脂肪酸は過剰摂取の傾向にありますが、不飽和脂肪酸は不足気味になっているようです。

不飽和脂肪酸は加齢により体内で減少していきます。健康成分を多く含むみどりむしサプリでDHA・EPAを補っていくことは理想的です。

DHA・EPAといっても成分に詳しい人でないとピンとこないと思います。どういった役割があるのか簡単に紹介します。

DHA、EPAの特徴や働き

中性脂肪の低下 DHAといった成分は中性脂肪が作られるのを抑制する働きがあります。中性脂肪の分解も促進します。
アトピー性皮膚炎を改善 DHAをアトピー患者に摂取した実験を行なった結果、50%に上る改善傾向が見られたようです。
視力向上 網膜や視神経にも必要な成分で摂取することで視覚から脳への伝達がスムーズに行なわれます。
脳の活性化 脳の伝達システムに影響する神経を活性化させます。痴呆症の予防・改善にも良いようです。
子供の脳の発達促進 脳細胞にはDHAが原料になっているものが多いようです。成長期に摂取することで、健全な脳が育つと言われています。
アレルギー反応抑制 EPAはビオチンの効果を高めると言われています。γーリノレン酸と共に炎症を抑える作用もあります。
動脈硬化・脳卒中予防 EPAは血液中のコレステロールを下げます。これにより血液をサラサラにして血栓防止効果が期待できます。
生理痛の緩和 子宮の収縮時に活動している成分「プロスタグランジン」の働きを和らげるようです。これにより生理痛を抑える効果があります。

DHAは昔から魚の目に多く含まれていると言われ、子供の頃にたくさん食べろと言われた記憶があります(笑)今になれば、このような効果があったからなんだなぁっと思います。

聞き慣れなかったEPAは主な特徴として、動脈硬化や生活習慣病などの予防に役立つようです。コレステロールを下げる効果はDHAの方が高いようですが、中性脂肪を減少させる効果はEPAの方が高いです。

両方の成分に違った働きがあるので1回で両方摂取できるミドリムシの優秀さがわかると思います。

DHA、EPAのことがよくわかるサイト

【FUJIFILM】ヘルスケア未来研究所

ヘルスケア未来研究所

第一章〜四章に渡り、DHAの基本知識、働きを詳しく解説してくれています。学力向上にも良いとされるDHA。お子様を持つ親御さんにもオススメできる成分です。DHAのことは詳しくなっておいて損はないと思います。

わかさの秘密【EPA】

わかさ生活・わかさの秘密

各成分情報を詳しく解説してくれています。EPAとは〜はじまり効果、研究情報まで幅広く参考になる情報を発信しています。

ページの先頭へ