低体温の解消にも役立つミドリムシの力

人間は血管とともに老いるとまで言われています。血管に弾力がありしなやかな状態は、若々しさに直結しているのです。私たちの全身を巡る血管の長さは、なんと地球を2週半するほどの長さがあることを知っていましたか?

体に取り込んだ酸素や栄養素を体の隅々まで届け、同時に二酸化炭素や不要な老廃物を集め排泄させるのは血液の役割でもあります。傷つきにくく丈夫な血管が、良質な血液を送る流れが血流となります。一時、ドロドロ、サラサラといった言葉が流行しましたが、どちらにも偏らない適度な粘着がある血流が理想でもあるのです。

現代人は、低体温の傾向にあると言われています。これも生活習慣病やその予備軍の特徴です。体温を一定に保つのも全身を巡る血流の仕事ですが、血液の状態が悪かったり、血管壁がコレステロールや中性脂肪で厚みを増してくるとその流れがスムーズでなくなり、体に冷えが生じます。

最近では若い人や子供にも、低体温症が広がっています。こちらも食事の内容の偏りや食生活の乱れによって起きる悪習慣が原因とされています。ビタミン、ミネラルが少ない偏った栄養素の摂取、糖分や脂肪の摂りすぎ、そして摂取カロリーが少なく、運動をしないためエネルギーを燃やせる体になっていないのが特徴になっています。

こういった症状を緩和するにも【ミドリムシ】は役に立ちます。完全栄養素と呼ばれるミドリムシだからこその特徴ではないでしょうか。ビタミンやミネラルは体に必要とされる必須成分を全て配合しており、体のバランスを整える素材としては、ピカイチの自然素材と言えます。体に不調などを感じていた場合は医者に頼る前にミドリムシなどを用いて、体の健康を維持する方法も1つの手だと思います。

ミドリムシをガチ比較

ページの先頭へ